ぽっくる農園事業部

『地域の恵みを食材で届ける。』ぽっくる農園事業部 部長 中岸 亮

産地ストアの野菜
産地ストアのお弁当やお惣菜
みかんとみかんジュース
揚げたてのメンチカツ

産地密着ストア&レストラン

◯ぽっくる農園は産地の食をお届けするショップ「産地ストア」、良い香りのただよう「パン屋さん」、新鮮な地魚料理の「おさかなレストラン」、野菜がコンセプトのビュッフェ形式「農園レストラン」で構成された、地域の食をテーマとした複合型施設です。

◯お客様は宮崎など産地の食を楽しみたい地元宮崎の方が中心。チェーンスーパーと異なり、産地の食がテーマなので、食にこだわりがある方・食を楽しみたい方・地域の食を愛する方・生産者と距離が近い食品を買いたい方がご来園くださいます。

◯駐車場も広く、お子様が遊べる場所もあるので、お買い物や食事だけでなく、来園時間を楽しみたいという方も。最近では他県や外国からの観光客の方も増えてきました。

産地ストアの野菜

「産地ストア」は地域の食材庫

◯今どき食品を買う場所は山ほどあります。スーパー、コンビニ、道の駅、直売所…。そんな中、産地ストアは「今日のごはん、明日の楽しみ」をお届けしたいと考えています。

◯お腹を満たす食がある一方、気持ちを満たす食もあります。私たちの産地ストアでは、お腹を満たしつつ、食による楽しみを増やしていきたい。だから「今日のごはん、明日の楽しみ」なんです。だからお弁当やお惣菜もすべてその日の手作り。作り置き無しです。

◯スーパーさんほどの品数はありません。ですが地域の生産者さんによる野菜や果物や、全国の産地生産者さんのこだわりの逸品を取り揃えています。便利ではありませんが、食と出会う喜びや会話が弾む食卓のためのお店でありたいのです。

産地ストアのお弁当やお惣菜

お客様と直接お話できる強みと課題

◯お客様からの声をダイレクトに聞くことができることは大きな強み。お客様からいただくお声一つ一つに、改善のヒントがひそんでいます。

◯たとえば、産地ストアではまだクレジットカードの対応ができていません。特に4月下旬から始まる宮崎ブランドの代表格・宮崎マンゴーをお買い求めいただく時にご不便をおかけしています。電子マネーも必要です。

◯また生鮮物を主に取り扱っているため、天候・天災に左右されやすいことも課題です。台風などは避けようがありませんが、それでもできるだけ豊富な生鮮物を安定的にお店に並べたい。そのために生産者さんと一緒に改善策に取り組んでいます。

みかんとみかんジュース

喜びのあふれる場所に向けて

◯良い野菜や果物を仕入れること、おいしい惣菜や弁当をつくること、お店でお客様に接すること。すべてを通じてお客様に喜んでいただくことが、すなわち私たちの喜びでありやりがいです。それは人生勉強でもあります。

◯私たちが日々成長することも必要です。1人ひとりが生活者として感度高く暮らすこと。視察に行く、生産者さんを訪問するなど学ぶ機会を増やすこと。まだまだ十分ではありません。

◯産地の食から得られる鮮度・おいしさ・楽しさを追求し、宮崎で一番おいしい、楽しい、ワクワクする「産地密着型施設・ぽっくる農園」を目指しています。そしてお客様はもちろん、今頑張っているスタッフみんなと日々の喜び・感動をわかち合える場にしたいですね。

揚げたてのメンチカツ

食で地域に貢献するその他事業部