パン事業部

『パンをつくる、食卓を彩る。』パン事業部 部長 河野 彰彦

パン工場の機器
パン生地
焼き上がったパン
あんぱん

みんなのためのパンを作っています。

◯焼き立てパンのベンダー=製造・提供者として、セブン‐イレブン・ジャパン様の宮崎・鹿児島の全店舗にパンやドーナツなどをお届けしています。

◯納入店舗数、商品種、量すべてが多いので、安全に留意しながら、パンのおいしさ・パンの楽しさをお届けできるよう、パートの方をはじめとした全スタッフ一丸となって、パンを作りお届けしています。

◯毎日多くの方にお買い求めいただくパンを作っているわけですから、安全安心は当たり前の話。仕組みのレベルアップを図りながら取り組んでいます。

パン工場の機器

お客様からのお手紙・お電話

◯パンをお召し上がりになられたお客様からお電話やお手紙をいただくことがあります。「おいしかった」というその一言で、日々のがんばりが報われますし、スタッフが頑張ってくれているからだとありがたい思いになります。

◯だから必然的に商品企画に熱が入ります。新しい商品を考えるおもしろさがある反面、量や味付けなどをどう工夫するか、原料は手に入るのか、毎回知恵を絞って考えています。

◯アイデアのおもしろさだけではダメ。企画・原料調達・レシピ・製造工程の組み立て・包装など全部で企画を具現化する必要があります。そして何よりお買い求めいただくお客様が喜んでくださる笑顔、それを想像しながら考えています。

パン生地

多くのスタッフで多くの工程

◯パンの製造には多くのスタッフが関わっています。最初はみんな初めてのことで戸惑うようですが、磨き上げてきた製造フローを説明しながら研修を経て技能を高めてもらいます。

◯スタッフも多いのですが製造工程も多いのがパンの特徴。この工程をどう組み上げるか、とても大切なポイントです。一朝一夕にはパンの製造はできません。だから長年の経験を活かし組み上げてきた工程は大切なノウハウです。

焼き上がったパン

地域のために

◯お客様にお喜びいただくのはもちろんのこと、スタッフにも働いて良かったと思ってもらうことも大切な私の仕事です。

◯そのためにも「働きやすさ」は大切です。近隣にお住まいの育児中の方が現在のスタッフにも多いので、たとえば託児所のような施設を作れたら、近くにあったら、みんな安心して働けるようになるだろうと思います。

◯そうやって地域の方たち含めて全員で協力し、製造技術や工程構築力を高め、「日本の朝・昼・夜・おやつ」に欠かせないパン作りを極めていきます。

あんぱん

食で地域に貢献するその他事業部